写真

写真をクリックすると拡大表示されます

一覧画面に戻る

2005.5月 月蝕歌劇団「金色夜叉の逆襲」

作・演出/高取英 音楽/J・A・シーザー

尾崎紅葉の「金色夜叉」はなぜ書かれたのか?!
「金色夜叉」のモデルとは誰か?
現実のさらなる悲劇とは!?
全てを解明し、ここに上演!!

「今月今夜のこの月を 僕の涙できっと曇らせてみせるから」
二度目の月蝕歌劇団の舞台参加でした☆
劇中劇みたいなかたちで「金色夜叉」をやるんですが、きぐるみシリーズな感じでみんなして可愛かった♪
いぬや、トラや、きつねや、ねずみや、うさぎや、さるや、うしや、とにかく一杯です!

 ビデオを見返すとラストシーンになるとうるっときてしまいます。
本当にラストのラストシーン
美弥乃は出てはないんですけどね。
初めて血のりを使った公演でもありました♪
黒色すみれさんが本編に出てきて生演奏&生歌なんて場面もあるのです!素敵!



  

ひっそり左のほうにいたりします。
この場面はみんなで赤い襦袢を着ているんですが、とっても好きな場面でした。

  

熱海の海岸散歩する 貫一お宮の二人づれ♪

初めて血のりを使いました。もっと濃くもっと濃くと思って作っていたら濃すぎてどろどろになってあんまり出なかった なんて日もありました。

ちょっとオフショット♪

 にゃんこさんもいました!!

 詩劇ライブではメイドさんも着ました☆

 なぜかタタキの時のごみ袋が
こんなおちゃめなことになっていました(笑

一覧画面に戻る

▲ページのトップへ